壁際の女

佐藤学長、いつもありがとうございます。

 

 

教室に入れず、ずっと一人別室で壁を向いている里奈ちゃん。

 

でも、将来は政治家か弁護士になりたいのだとか。

 

 

今年になってぐっと心を開いてくれて、話しをしてくれる機会が増えてきました。

 

そのきっかけになったのが私の体験談です。

 

話をすると、鼻をすすって「なんか、なんか、凄いです…涙が止まらない…」

 

今日もその里奈ちゃんとお話をする時間がありました。

 

 

昭和のドラマや映画が好きで土曜日はBSで「寅さん」を見ているそうです。

 

すると「ふるさとって、何か凄いですよね。。。何か、何ていうかなんとも言えない感じがありますよね」

 

まだ中二なのに、この里奈ちゃんのいう事は深みがあるのです。

 

そして、ちょうど母が急激に年老いた事、まだまだ恩を返せてない事を伝えました。

 

「あんなに元気に飛び跳ねている母が、いつか、動けなくなったりしたら、もう、生きていけないくらい悲しいですよね」

 

「そうだね。親が年を取るっていう事は、もしかしたら『老いる』っていう生き様を見せてくれてるのかもしれないよね。有難いね」

 

こんな事を言うと

 

「生きてるうちに感謝ですね。でも…口では簡単に『感謝します』って言っても、実際はなかなか…出来ませんよね」と言いました。

 

「道徳とか、親に感謝しなさいって言われ続けて来てるから、本心から言えるのは本当に凄いことかもしれないね」

 

「本当にそうです!」彼女もその難しさを実感している様子でした。

 

「でも、もう感謝している自分がいるんだよね」

 

その一言を言うと、「あああああ…」と言って涙、涙の里奈ちゃんなのでした。

 

壁際の女、里奈ちゃんは実は宇宙を見ているのかもしれません。

 

ありがとうございます。

 

お父さんとお母さんはあなたそのものでもあります。ですから、親に感謝する、尊敬するという事は、自分を尊敬することに繋がって来ます。そして、自分を尊敬する人は、やはり力が出ます。自分を見下す人はやはり力が出ません。(佐藤康行)

 

2つのブログランキングに参加しております。それぞれクリックしていただくことで、嫁姑問題にお悩みの方々の『真我開発』のご縁につながります。お手数ですがよろしくお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ

タイトルとURLをコピーしました