多澤優のホームページ

「鬼ババァが仏の顔に変わった瞬間」 前書き

 

【スタートは家族の闇】

 

 この世の中に生きている私たちの最初の人間関係は「家族」からスタートします。

 父や母がいなかった、という人はおりません。今は一緒に暮らしていない人でも、

自分をこの世に産んでくれた両親はいるはずです。

 私は幼い頃、その家族関係こそが「諸悪の根源だ!」とずっと思って生きてきまし

た。父と母の不仲、祖母と祖父の不仲、父と両親の不仲をずっと見続けてきました。

そして、あまりにも当たり前過ぎる確執である嫁姑関係は、我が家の母と祖母の間に

もありました。

 

 私は長年、母と祖母の嫁姑関係を毎日見ていて、あまりにも当たり前のように関係

性の悪さを見続けていたので、「母を苦しめるのは祖母である。悪いのは祖母なのだ。

そして世の中の嫁姑というのは一生このまま終えるのが普通である!」と思い続けて

いたのです。

 そして、そのような思いを持ち続けながら結婚した先に待ち構えていたこと・・・そ

れは、私と姑との悲惨な日々でした。

 

 姑を殺すか、自分が死ぬか、離婚するか・・・という瀬戸際まで追い込まれ、日々苦

しむ中で、まさかの出来事が起きました!

 

  昨日まで殺意を抱いて生きてきた相手の顔を見るだけで感謝の涙が流れ、主人をこ

こまで産み育ててくれたこと、子どもを三人も授けていただいたこと、そのすべてが、

姑がこの世に生まれ生きてくれていたという紛れもない真実に目覚め、その命を継承

していただいていたことに土下座をして感謝する日が来ることを、一体誰が想像した

でしょうか。

  絶対に許せないという相手に、「すべて自分の勘違いでした!」と心の底からわき

上がる喜びで抱きしめ合うという体験を信じられる方がいるでしょうか。

 

  結婚して二十六年が経ちますが、その間、家族関係の問題をどうにかしようと心理

学、ヒーリング、セラピー、占い、神社仏閣巡りなどありとあらゆることをしました。

そして現在、心の学校創始者の佐藤康行先生が開発された真我開発講座を受講したこ

とにより、本当の自分が溢れ出し、姑が自分にとってどういう存在だったのかという

真実を知るに至ったのです。

 

  当時の私は自分の苦しみからのがれたいために、そして家族の確執を解決したいがた

めに国内外で様々な癒やしといわれていることを学んでおりました。しかし、そのどれ

もが私にとっては効果を感じることが出来ず、人生最後の望みをかけて真我開発講座

を受講したのが四年前です。そして受講後ある日、一瞬にして闇が光になり、理屈

ではなく、感謝と喜びにむせび、連綿とつながってきた尊い命の意味を知りました。

  私が今の主人とのご縁をいただき、三人もの子どもたちの命を授かったという重み

をひしひしと感じた時は、魂の底から驚愕しました。そして、そこに託されたご先祖

様の温かい声、託された命のメッセージが聞こえたのです。その思いを受け取り、世

の中に真実を伝えるために、すべてがあったことを全身で、魂の底から実感しました。

  私が体験した紛れもない素晴らしい喜びに溢れた「嫁姑の真実」を世の中で苦しん

でいる方々に知っていただきたい、そして、次の世代にこれほどの喜びが存在してい

る事を継承したいという思いから、記録に残すことに私の全エネルギーをかけてみよ

うという思いに至りました。

  さらに、私の体験をこれまで聞いたという方々から、同じように嫁姑問題が光に変

わり、その結果、夫婦関係、親子関係、人生の問題が自然と解決していったというあ

りがたい報告をいただくようになりました。

  私はその事実を耳にした時、魂の底から喜びが溢れ、「自分の人生はやはりこれで

良かった」と確信するに至りました。

  そして、これが亡き姑から、そしてたくさんのご先祖さまから私に託された命の継

承として、今回の人生でやるべき自分の使命であることを自覚させていtだいたので

す。

 

 

【嫁姑問題は誰の問題か】

 世間であまりにも当たり前になり過ぎている問題が嫁姑問題です。

 同居している方はもちろんのこと、別居していたとしても心のどこかにいつもある

のではないでしょうか。

  また、姑が先にあの世に旅立ったとしても、依然、心のどこかに根強く残っている

こともありえます。「過去のこと」と心がすっきりと晴れるようなことではありません。

むしろ、相手の姿が見えなくなった時こそ、その問題は浮上してくることがあります。

なぜなら、相手は生前も死後も、自分の心の中にずっと居続けるからです。

  さらに、嫁姑問題から夫婦の関係が悪化することすら良くあります。

 幸せになろうと結婚したはずなのに、思わぬところから結婚生活に陰りがさすこと

さえあります。妻の嫁姑問題から離婚を余儀なくされたという方もいるのです。

 

  あるいは、結婚をしていない方でも、自分が子どもの頃、母や祖母の関係を見て育っ

た方もたくさんいると思います。逆を辿れば、現在子育て中の方なら、自分の子ども

たちが同じような思いで、家族関係を見続けているとしたら、その子どもたちにその

家族はどのように映っているのかを想像してみてください。そして、その子の一生に影

を落とすことさえ大いにありえるのです。

 

  そう考えると、この当たり前のように続く嫁姑問題は、一体、誰の問題でしょうか。

  自分の問題であり、夫婦の問題であり、伴侶の両親の問題であり、未来を担う子ど

もたちの問題であり、また、世間でも「嫁姑問題の話題が尽きない」ということはも

はや社会問題であるといわざるをえません。それを証拠に、「嫁姑問題」で検索を

したらヒットするブログの数は少なくありませんし、その内容は、現代でもなお続く

戦国時代のような有り様です。

 

  さらには、社会問題のみならず、日本の問題であり、先祖代々から流れてきている

業・カルマであり、現代社会に起きている様々な犯罪へとつながる心の問題にもつな

がっていくということだと考えることが出来ます。

 

  そんな思いに至った私の体験を綴っていきたいと思います。