多澤優のブログ
  • トップページ
  • 心に響いたメッセージ
  • Blog
  • イベント
  • イベント参加者の声
  • 書籍
  • 読者の声
  • プロフィール
  • リンク
  • 問い合わせ

不思議なタイミング

4年ほど前に出会った幸子さんというちょっと年上の女性がいました。

 

 

顔つきが険しく、いつも焦っているようにせかせか、イライラしている方でした。

 

 

私にとっては苦手なタイプで、でも同じグループでプロジェクトをしなければいけないので

声を掛けるのですが、否定され、無視され続けて来ました。

 

 

態度は横柄で、上から目線ですが、かなり頭の切れる方で、

私とは真逆なタイプです。

 

 

そういえば、いつも同じタイプが苦手・・・・というか、怖いのです。

 

 

 

息が詰まるのです。

 

 

 

しかし、佐藤学長からは「そこがあなたに最も必要な事を教えてくれていかもしれない」

 

そうおっしゃっていただきました。

 

 

 

そして、自体は急変しました!

 

 

 

(つづく)


↓ランキングに参加しています!ポチッと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 家族ブログ やり直し家族へ
にほんブログ村 やり直し家族




にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村

優先順位

わかっているようで、わかっていない

 

わかっていないようで、やっぱりわかっていない

 

それが、言葉、表情、態度、現実に現れる

 

 

 

自分の内にある、神の心を一番にする

 

 

このフレーズで心が揺さぶられた・・・・

 

 

 

 

 


↓ランキングに参加しています!ポチッと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 家族ブログ やり直し家族へ
にほんブログ村 やり直し家族




にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村

自由な選択

心の不思議さに興味を持つきっかけになったのは

今から40年ほど前のことでした。

 

 

偶然見ていたテレビで子どもを殺害された母親のインタビューをしていました。

 

 

同じような時期に、同じような年頃の子どもさんを突然、殺人事件に巻き込まれて亡くされたお二人の母親でした。

 

 

 

一人は、一生涯、犯人を許さない

いつかこの手で自分も犯人を・・・とおっしゃっていました。

 

 

 

そして、また別の番組だったでしょうか。

 

 

 

また、同じように子どもさんを突然殺害されたお母さんがインタビューに答えていたのです。

 

 

その方は、表情がにこやかでおだやかでした。

 

 

そのお母さん曰く、「確かに子どもを亡くした悲しみは一生涯忘れることが出来ません。しかし、一生をこの悲しみと怒りの中で過ごして、亡くなった子どもが喜ぶのでしょうか?私は、子どものためにも、悲しみと怒りの中で生き続けるのではなく、自分の中にある愛の心で生きる決心をしたのです!」

 

 

そのような事を答えられていました。

 

 

 

同じような出来事、同じような苦しみや悲しみのはずですが、

私はそのインタビューがずーーーっと心の片隅から離れることがありませんでした。

 

 

なぜ、このように捉え方も表情も生き方、考え方が違うのか

 

 

なぜ、そのようなことが可能なのか

 

 

自分だったらどうするのだろうか

 

 

亡くなった子どもさんたちの存在とはなんだったのか

 

 

その問いは自分自身への問いかけとして今でも心の片隅にあります。

 

 

 

唯物主義者は、ものが現れて初めて信じる。

形がないと信じられない。

その前に心で決定して形になって表れる。

言葉に沿ってやり続けるのが誠意の問題。

人類が試されている。

 

佐藤康行


↓ランキングに参加しています!ポチッと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 家族ブログ やり直し家族へ
にほんブログ村 やり直し家族




にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村