多澤優のブログ
  • トップページ
  • 心に響いたメッセージ
  • Blog
  • イベント
  • イベント参加者の声
  • 書籍
  • 読者の声
  • プロフィール
  • リンク
  • 問い合わせ

花咲じぃさん2

あれは確か、6才か7才の頃でした。

 

 

眠ろうとして目を閉じると漆黒の暗闇に木が一本見えます。

 

 

眠っているわけでもなく、起きているわけでもなく

でも、意識ははっきりとありました。

 

 

すると、その一本の木の上に花咲じぃさんが座っていました。

 

 

手には、カゴを持ち、片手で木に向かって粉を振りかけていました。

 

 

すると、一気にさくらの花が咲き誇るのです!!

 

 

壮大な景色でした。

 

 

 

その夢は、全く同じように三日間続きました。

 

 

 

真我開発講座に出会い、素晴らしい自分と出会ったときに、この花咲じぃさんは佐藤康行だなと直感しました。

 

 

 

 

枯れ木に花を咲かせましょう!!

 

 

 

何百年も何億年も前の枯れ木に花を、パァ~っと一気に咲かせる事が出来る。

 

 

 

そして、そ枯れ木は可能性の木だったのではないかと思いました。

 

 

漆黒の暗闇は、その花が咲き誇る様を映し出す、映画館の中の暗闇のようにすら思えます。

 

 

 

その枯れ木とはまさに、自分の心

 

 

先祖代々持ち越してきた自分自身の魂の課題

 

 

枯れ木に花を咲かせましょう!

 

人生の花を、魂の花を、神としての花を咲かせましょう!

 

 

あの場面が今の私の中に生き生きと息づいています。

 

 

 


↓ランキングに参加しています!ポチッと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 家族ブログ やり直し家族へ
にほんブログ村 やり直し家族




にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村