多澤優のブログ
  • トップページ
  • 心に響いたメッセージ
  • Blog
  • イベント
  • イベント参加者の声
  • 書籍
  • 読者の声
  • プロフィール
  • リンク
  • 問い合わせ

長崎魂の鐘  体験談7

言いながらも、出来るかどうか私にもわかりませんでした。

しかし帰って義母を抱きしめ「私の母が、義母だと言っています」と話、感謝の気持ちを伝えたのです。

義母は「私は、あなたのことしか考えていない」「素直になりなさい」と言われました。

義父もその場にいましたが、義父も抱きしめてしまいました。

二人は『何なんだ?』という感じでしたが、私は言えた自分に興奮していました。


それから三月に入り、広島で一緒にセミナーを受けたAさん(その日はじめてお会いした方です)から
「長崎へ行きますか?一緒に行きましょう」とお誘いを受けました。


二十三日は、仕事日でもあり、また、私が毎日夕食の支度をしなければ行けませんし、そもそも私が出かけることを極端に嫌う義父母ですので、今の状態では「難しいのでまだ決められていません」と返信しました。


でも、私の心の中は『その日まであきらめたくない』という気持ちと同時に、
『神様におまかせする』という気持ちでおだやかに毎日を過ごすと心に決めていました。


むしろどうなるんだろう?といった、楽しんでいる気さえしていました。

 
その後もAさんとのラインのやり取りは続いていました。

ところがやり取りを続けているときに突然、過去の出来事が180度変わって、
全く別の出来事になってしまいました。


(つづく)


↓ランキングに参加しています!ポチッと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 家族ブログ やり直し家族へ
にほんブログ村 やり直し家族




にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村