多澤優のブログ
  • トップページ
  • 心に響いたメッセージ
  • Blog
  • イベント
  • イベント参加者の声
  • 書籍
  • 読者の声
  • プロフィール
  • リンク
  • 問い合わせ

長崎魂の鐘  体験談11

今日は、体験談の最後になります。

 

 

Iさん、本当に貴重な体験談を送っていただきまして、

本当にありがとうございましたm(_ _)m

 

 

私自身、肝に銘じて人生をこれからも歩んでいきたいと思います。

 

 

*************************************

 

 

そのことをお伝えしたく、お手紙を書かせていただきました。

 

 

 

 

 先日、義父が

 

「あれは(私のこと)母親じゃぁない」

 

と言われているのが聞こえたことがありました。

 

 

 

それは愛の言葉だと受け取り、そのままスーッと入りました。

 

 


「だから、長男(孫=家の跡継ぎ、会社の跡継ぎである)の嫁はワシが決める」

 

 


昨日は、夫が

 

「三男と話が出来た。他愛ない話だったが、子どもの頃の表情だった」

 

と言うのです。

 

 

 

 

「少し気分が良くなっているのかな?」

 

と穏やかに嬉しそうに話すのです。

 

 

 

 

 

長崎講演会からも、毎日、色んな事が起きています。

 

 

まだまだ、変化があるのでは?気づきがあるのでは?と感じています。

 


三男のことですが、この一年間何も変わっていないようにも見えます。

 

 

 

でも、多澤さんの本と一緒に購入した「捨てる哲学」という学長の本を読んで、

息子との関係のヒントになるのではないかと直感しています。

 

 

 

このことも追ってみたいと思っています。

 

 

 


 
 とりとめの無いことを書き、わかりにくい所もあるかも知れません。

 

 

 

また、誤字脱字お許し下さい。

 

 

 

書くことにより、より一層の気づきが出来ました。

 

 

 

お礼申し上げます。ありがとうございました。

 

 

 


広島でお会い出来る日を楽しみにしております。

 

 

 

 

ご先祖、家族、友人、知っている人、知らない人、

全ての人々とのつながりを感じさせて下さった学長に感謝!!です。

 

 

 

 

私の進む道を教え、気づかせて下さり、これで良いと知らせて下さった多澤さん御夫妻に感謝!!です。

 

 

 


そして、学長のおかげです。

 

 

 

すべては、学長の!!ありがとうございます。

 

 

 

 

平成三十一年三月三十一日 

 

 

 

 

*********************************:

 

 

8月17日広島満月の園で、数年ぶりの多澤優講演会を開催していただくことが決定いたしました。

 

 

長崎魂の鐘講演会に参加し、一番救われたのは、私たち夫婦です!

 

 

本当に佐藤学長、そして、出会って下さった方々に感謝申し上げます。

 

 

ありがとうございました!!

 

 

 

 

 


↓ランキングに参加しています!ポチッと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 家族ブログ やり直し家族へ
にほんブログ村 やり直し家族




にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村

長崎魂の鐘 体験談10

“私と同じ”と驚きました。

 

 

 

そうしたら、発言された方の斜め前の席に多澤さん御夫妻が。

 

 

 

 

「えっ、私と多澤さん斜め直線でつながってる!」

 

 

 

本当に嬉しかった。

 

 

 

多澤さんの本を読んで、こうなりたい、でもできないなと思っていたければ、今、できたのですよと心の中で話していました。

 

 

 

 


ご主人とお二人で話された事は

 

“よくわかる”

 

“そうそう”

 

もうもう感動の連続で鳥肌が立ちました。

 

 

 

その時気づいたのです。

 

 

 


 私がここに来ることが出来た意味を!!

 

 

 

この一連の変化を。

 

 

 

より一層実感するためだった。

 

 

 

これで良いのだと、確信するためだったのだと。

 

 

 


御主人が話された言葉もすごかったです。

 

 

 

三男は「お父さんは信用していない」と思っているのです。

 

 

 

会社に行けなくなってから、夫は三男を「出て行け」と外に引っ張り出し、引きずり回したこともあります。

 

 

 

その時、私は夫に対して怒りでいっぱいでした。

 

 

 

今、私は、そのことも含めて、夫の愛だったのだと感じていますし、前にも書きましたが、それほどにしんどい役割をしてくれていたのだと受け止めています。

 

 

 

だから御主人の話を聞きながら、夫への感謝の気持ちに溢れていました。

 

 

 

「グチも不満も言わず、私と別れないでいてくれてありがとう」です。

 

 

 


このような気持ちにさせてくださった多澤さん御夫妻に感謝があふれます。

 

 

 

この流れを作って下さった学長に感謝の気持ちで一杯なのです。

 

 

 

そのことをお伝えしたく、お手紙を書かせていただきました。

 

 

 

(つづく)

 

 

 


↓ランキングに参加しています!ポチッと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 家族ブログ やり直し家族へ
にほんブログ村 やり直し家族




にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村

長崎魂の鐘 体験談9

それから毎日、真我の実践を一回でも多く唱えました。

 

 


すると夫は、三月二十二日の終礼で

 

「明日は会社を休みにする」

 

と言ったのです。

 

 

 

びっくりしました。

 

 

 

そこで夫に、許可をもらい長崎に行くことが決まったのです。

 

 

 

奇跡でした。

 

 

 


長崎行きの新幹線も人が多かったのですが、なぜか座る事が出来ました。

 

 

 

「これで良い。すべてうまく行っている。ありがとうございます」

 

と唱えながらの旅でした。

 

 

 

 


会場に着くと、YSくまざわクリニックでカウンセリングをしてくださった方だと感激の出会い。

 

 

 

そして、その方が中央の前から三番目の席に案内して下さいました。

 

 

 

 

他の知り合いの方々ともお会いでき

 

「すごいなーすごいつながり!!」

 

と思いながら、学長のお話へ。

 

 

 


実は宮田さんから、講演会が始まる前に

 

「学長に質問して良いのですよ」

 

と言われていました。

 

 

 

 

私は嫁姑のことを話そうかなと思っていたのですが、私の斜め前の方が、手を上げられ、嫁姑のことを話されました。

 

 

 

“私と同じ”と驚きました。

 

 

 

(つづき)

 

 

 


↓ランキングに参加しています!ポチッと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 家族ブログ やり直し家族へ
にほんブログ村 やり直し家族




にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村