多澤優のブログ
  • トップページ
  • 心に響いたメッセージ
  • Blog
  • イベント
  • イベント参加者の声
  • 書籍
  • 読者の声
  • プロフィール
  • リンク
  • 問い合わせ

母になった日

いつも見ていただき、ありがとうございます(*^_^*)

 

 

おととし、北海道美唄から東京に就職してやる気満々で上京した子ども

 

 

 

意気揚々と就職をしたものの、3ヶ月ほどで精神を病み、

療養をすることになりました。

 

 

 

電車に乗れない、人が怖い、殺意が湧く、自殺願望が止められないetc

 

 

こういうときに親としてどうしたらいいのか

 

 

本当に手の出しようがありませんでした(涙)

 

 

 

 

何をやってるんだろう、自分

 

 

何が間違っていたんだろう

 

 

この先、どうなっていくんだろう、息子・・・・

 

 

本当に困り果て、立ち尽くし、混沌として日々が数ヶ月続きました。

 

 

原因と結果の法則を超える満月の法則

 

 

正直、「今こそ実践の時!」とはほど遠い状況でした。

 

 

佐藤先生からも「息子さん、自殺しないよね?」と言われたほどです。

 

 

 

その時に、佐藤先生から言われました。

 

 

 

「カウンセリングの練習だと思ってね、2時間くらい、息子さんの話を聞いたらいいね。

 コツはね、ただただ、聞くこと。メモを取って、息子さんが言うことを書いてみてね」

 

 

 

面談でも自殺願望が止まらない息子

 

 

 

この先はないと思えました。

 

 

 

ちょうどカラオケルームが目の前にあったので

予約をして、全て無音にして息子と二人きりになりました。

 

 

 

そして、「何でもいいから思うことを教えて」

 

ここからスタートでした。

 

 

最初は「何もないよ。どうせ死ぬんだし・・・・」

 

 

長く続く沈黙

 

 

 

心の中では「かわいくない」と思いました。

 

 

 

でも、佐藤先生から言われたことはやる!と決めていました。

 

 

 

沈黙の後に、ポツリ、ポツリと言葉が出て来ました。

 

 

 

「じゃあ、一人一人に言いたいね」

 

 

 

うんうん、と言いながらメモを取りました。

 

 

その間、ひと言も言葉を発することはありませんでした。

 

 

 

すると、主人への不満不平、幼い頃からの愚痴を言い始めました。

 

 

 

ひたすらメモメモ・・・

 

 

 

次に、母である私への不平不満、悪口

 

 

 

ひたすらメモメモ・・・・

 

 

 

次に、弟、妹、当時おつきあいをしていた彼女への

不平不満、愚痴のオンパレード

 

 

 

 

聞くに堪えない事ばかりでした。

 

 

 

そして、気が付くとちょうど2時間が経過していたのです。

 

 

 

不平不満と人生最悪の愚痴を書き留めたメモを持って

私は新幹線で自宅へと向かいました。

 

 

 

新幹線の中で私の猛烈なゴミ出しが始まり、

イライラマックスになり、私が死にたくなりました。

 

 

一体、自分が今までやってきたことは何だったのか?

 

 

誰も自分の事を助けてくれない!

 

 

この苦しみは一生続くのか・・・・

 

 

自分でも止めようがなくなりました。

 

 

帰宅した主人にも自暴自棄の言葉を浴びせ、

もう何もかもが嫌になったのです。

 

 

 

夜中もひとり、心の中が真っ暗闇になり、眠れない一晩を過ごしました。

 

 

それよりも何よりも、息子の心配と主人との兼ね合いと、経済的な援助もこれから考えなければならなくなりました。

 

 

 

物心両面での大ダメージになったのです。

 

 

 

そして、翌朝、息子からの不平不満、愚痴のオンパレードが書かれた

史上最悪のメモに何気なく目が向きました。

 

 

 

 

 

一晩しか経ってないのに、2時間の不満メモをじっくり

ひと言、ひと言、まるではじめて読むかのように

目を通しました。

 

 

 

すると、その瞬間ですっ!!!

 

 

 

 

 

その言葉の奥にある、息子の思いが

どーーーーんと心の奥底から伝わってきたのです!

 

 

 

主人を思っての言葉

 

 

私を思っての言葉

 

 

弟、妹を思っての言葉

 

 

当時付きあっていた彼女を思っての言葉

 

 

 

 

不平不満、愚痴などどこにも見当たりませんでした!

 

 

 

 

息子の愛溢れる言葉をみつめながら、

メモの文字は、次から次に溢れる涙で読めない状態になりました。

 

 

 

 

わかっていなかったのは私・・・・

 

 

ずっとわかっていたのは息子・・・・

 

 

 

ごめんね

 

ごめんね

 

こんなに家族の事を一番に思ってくれたいたことに気づかなくて

 

気づけなくて

 

ごめんね

 

ごめんね

 

こんなに素晴らしい息子を与えていただいていたのに

天にツバを吐いていたことに気づけなくて・・・・

 

 

 

心の中で、息子に何度も何度も謝罪しました!

 

 

 

その日から、息子とのやりとりが地獄から天国に変わっていきました。

 

 

 

ありがとう

 

 

ありがとう♡

 

 

私の目には、見えない色メガネがあって

本当の息子の姿に、心に気づけなかったのです。

 

 

本当に未熟な私に気づくまで

「母さん、そっちじゃないよ。こっちだよ!」

 

 

そう、伝え続けてくれたいたのです。

 

 

わかろうともしなかった自分

 

自分の正しさから抜けきれなかった自分

 

人のせいにばかりしていた自分を

息子が身をもって見せてくれていたのです!

 

 

 

その息子も今日、誕生日を迎えて30歳になりました。

 

 

自分の身を挺して私たちに愛を伝え続けてくれた息子

 

 

 

本当に本当に誕生日、おめでとう!!

 

 

 

息子に産まれてくれて

 

ありがとう

 

 

 

未熟な私を、本当の母親にしてくれて

ありがとう

 

 

 

親が変わったら、テレパシーのように、子どもも同時に変わります。

 

子どもにとっての家庭とは、鳥カゴのようなものです。

 

カゴの中の鳥は「はばたけ!」と言っても飛べないのです。

 

鳥カゴは何かと言えば、親の想念です。

 

親の想念の中に子どもが入っているのです。

 

親が変わらない限り、子どもは変われません。

 

親の思いの中に入っていて、

窮屈でしかたないのです。

 

愛とは自由です。

 

生命を生かす働きです。

 

親がその事に気づくと、鳥カゴがなくなります。

 

そうすると、子どもは自由に羽ばたけるのです。

 

佐藤康行

 

 

 

佐藤康行岡山講演会の公式サイトです。

https://ysmomo211.site/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


↓ランキングに参加しています!ポチッと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 家族ブログ やり直し家族へ
にほんブログ村 やり直し家族




にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村

週刊女性☆本日発売

 いつも見ていただき、ありがとうございます(*^_^*)
 
 
 
いつもこちらのブログで掲載させていただいております
佐藤康行氏が週刊女性に掲載されました!
 
本日発売です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

佐藤康行岡山講演会の公式サイトです。

https://ysmomo211.site/

 

 

 

↓ランキングに参加しています!ポチッと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 家族ブログ やり直し家族へ
にほんブログ村 やり直し家族




にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村

人生の鍵穴

いつも見ていただき、ありがとうございます(*^_^*)

 

 

 

 

13歳の愛ちゃんと話す機会に恵まれました。

 

 

自己否定の強い愛ちゃん

 

 

小学校の時にクラス全員からひどいいじめを受けていたことを思い出しては、

急に泣き出しす事が続いていました。

 

 

 

過去の記憶を思い出して、泣き出すと2時間くらいは嗚咽が止まらなくなるそうです。

 

 

 

そんな愛ちゃんとお話をしていたら、鍵穴の話しを教えてくれました。

 

 

 

私の心の中、教えるね

 

私の心の中には、四角いカギがあるの

 

四角いカギの真ん中には鍵穴があってね

 

そこにカギを入れて回せば、そのカギが開くんだけど

 

でも、そのカギが見つからなくて・・・

 

だから、心がいつも暗い暗い海の底に沈んでいる感じがして苦しいんだ

 

やる気も起きないし、こんな人生早く終われば良いのに・・・。

 

 

 

「もしかして、そのカギはどうせ見つかりっこない、って思ってる?」

 

 

・・・そう・・・かも・・・

 

見つかってカギを開けたところで

どうせ、自分の中にはましなものなんかないし、

だったら、このままで良いかな

 

 

そんな事の繰り返しなんだ

 

 

 

 

こんなことを教えてくれました。

 

 

 

人生のマスターキーを手に入れる日も遠くないと思った出来事でした。

 

 

愛ちゃん、ありがとうm(_ _)m

 

 

 

なんて自分はひどい人間なんだ

なんであいつはこんな人間なんだ

 

 

自分を知れば知るほど落ち込む

 

コロコロ変わる自分

一秒前とは違う自分をみて安定しない

 

 

人もコロコロ変わる

不安でしょうがない。

いつも心が落ち着かない

いつ裏切られるかわからない

 

 

自分自身もいつどう考えるかわからない

 

己を知っても、さっぱり落ち着かない

幸せになれない、安定しない、不安がつきまとう

心配がつきまとう

イライラが尽きない

 

それが全て体に影響を与え、血液の流れ、血圧、血糖値、病気にも直結し、

仕事にも、夫婦生活にも、家庭にも影響を与え、人間関係すべてに影響を与える。

 

 

それが自分が引き寄せたものだったらもっともっと自分自身が苦しい。

 

 

あなたの人生はあなたのものなのだ。

あなたが決めるのだ。

 

 

今、この瞬間から幸せに運命を好転させられる。

 

 

あの忌まわしい出来事

あの苦しい出来事

そのことによって、あなたの満月の扉を開ける「カギ」になる。

 

 

カギには鍵穴がある。

あなたの人生も鍵穴があるはずだ。

ここがポイント

あそこがターニングポイントだというのがある

 

 

最も苦しい出来事

悲しい出来事

痛い出来事

 

それがあなたにとっての宝

 

あなたにとっての鍵穴

 

それが一つのヒントとなりその奥にある満月に気がつくのだ

 

 

その奥にある満月が見えた時、

新しい形が浮き彫りになってくる

 

 

その一点から自分の使命天命が見えてくる

 

 

人間はここまで進化出来るのか

ここまで変われるのか

ここまで凄く幸せになれるのか

 

今までの人間知では解決出来なかったことが

いとも簡単に解決する

 

 

佐藤康行

 

 

佐藤康行岡山講演会の公式サイトです。

https://ysmomo211.site/

 

 


↓ランキングに参加しています!ポチッと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 家族ブログ やり直し家族へ
にほんブログ村 やり直し家族




にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村