多澤優のブログ
  • トップページ
  • 心に響いたメッセージ
  • Blog
  • イベント
  • イベント参加者の声
  • 書籍
  • 読者の声
  • プロフィール
  • リンク
  • 問い合わせ

何度も何度も・・・

いつもありがとうございます(*^_^*)

 

 

心から沢山のゴミが浮上しまくりの毎日です。

 

 

セミナーを受けても変われないことが悔しくて仕方ありません。

 

 

「結局、なんも変わらないじゃん」と思いながら過ごしてましたが

満月瞑想ワークの用紙が思い出されました。

 

 

 

あ!これだ!!

 

 

 

三日月に振り回されていることにふと気づきました。

 

 

 

いえ、もっと言えば、自分を三日月と思い込んでしまっていた心

 

 

 

自分で自分を責め続けていた心

 

 

 

 

満月に何度も何度もハンドルを切れる人生を与えて頂いていたのに、

それこそが尊いことなのに・・・・

 

 

 

改心

 

そして

 

回心

 

 

 

 

何度も何度も内なる神の心、仏の心に出会わせて頂ける

 

 

 

これこそが「慈悲」なのだそうです。

 

 

 

それをやり続け、見守り続け

こっちだよ、こっちだよと何度も何度も

導いてくれている佐藤学長の存在の尊さ・・・・

 

 

 

ありがとうございますm(_ _)m

 

 

相手の奥にある愛、相手の奥にある神の心、仏の心、宇宙の心と言ってもいい

そこが見えるようになったら、現象面に振り回されなくなります。

 

バタバタ騒いでいる、怒っているのは三日月、ほんの一部を、愛を求める叫びを別の言葉で表している。

 

その奥にある満月が見えるようになればいいわけです。

 

そして見えるということは、的確にそこに手を打てると言うことです。

 

そちらの方に語りかけたり、行動をしたりするとまもなく三日月に向かって、あなたは満月だ、満月だと言ってるうちに、段々段々三日月が満月になってくるわけです。

 

 

佐藤康行


↓ランキングに参加しています!ポチッと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 家族ブログ やり直し家族へ
にほんブログ村 やり直し家族




にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村

神さまからのOKサイン

いつもありがとうございます(*^_^*)

 

 

二日間、佐藤康行セミナーに参加してきました。

 

 

私は本当に疑い深い性格だとつくづく感じてきた二日間

 

 

 

特に、本物かどうかの嗅覚?動物的本能が激しく発動する生物です(笑)

 

 

なので少しでも「これは違う!」と思った瞬間、

その場から、その人からなんの躊躇もなく離れます。

 

 

もちろん、普段の生活であれば全然良いのですが、

こと、本物を伝える人だったりすると

疑って疑って、疑い抜く本能がもともとあるみたいです。

 

 

 

これがある意味私の才能だと

今、書きながらわかりました。

 

 

 

 

なので「宗教」という言葉を聞いただけで身震いがするのです。

 

 

 

理由はわかりません。

 

 

 

自分でも異常なほど拒絶反応が瞬時に出てしまいます。

 

 

 

自分の中に元々全ての答えがあるのに

「どうして外に求めるのか」ということが幼い頃からわかっていました。

 

 

 

今回のセミナーも「まずは疑う」から入りました。

 

 

 

佐藤学長の引き出しもありましたが

「絶対、引き出されてなるものか!」という対抗心がありました(笑)

 

 

ま、ご想像通り、引き出されましたけど(笑)

 

 

 

今回、出て来た満月瞑想図・・・・

 

 

 

長男が面談をしたときに、説明をしていただいた図でした。

 

 

 

父と母の三日月を満月として捉えるというもの

 

 

 

その父と母ではなく、

その部分が長男と次男に見えてしかたなくなりました。

 

 

 

時に、父になり、時に母になり

 

 

子供達が私たち先祖に入れ替わり立ち替わりする姿を

ずっと見てきたからなのかもしれません。

 

 

 

その図を持ち歩いていましたが、

その1枚で自分が歩んできた人生が全部説明出来ました。

 

 

 

自分のみならず、自分と子どもとの関係も自分と両親との関係も

おじいちゃん、おばぁちゃんの夫婦関係まで

出来事も心の動きも一秒たりとも違わず全部全部理解出来ました。

 

 

 

佐藤学長の講話を目を皿のようにして、

いえ、心を皿のようにしてひとつひとつ捉えていきました。

 

 

 

その間、次男からLINEが入りました。

 

 

 

「えっ!」

 

 

そのLINEを見て、「マジかよ!」と本当に驚いてしまいました。

 

 

 

「子どもが出来ました^^」

 

 

 

おおおおおーーーーーーーっ!

 

 

 

そこから、芋づる式に父の本当の姿が

走馬燈のように動き出したのです。

 

 

 

どんどん、どんどん深く深く、広く広く魂が広がっていくのを感じました。

 

 

 

 

ワークでは最終的に言葉が出なくなり、

涙が溢れるばかり・・・・

 

 

いつもこんな感じですが、

止めようがありません。

 

 

 

帰りの新幹線では、隣に若いご夫婦が座りました。

 

 

 

お母さんは赤ちゃんをだっこしてます。

 

 

 

思わず、声を掛けてしまう自分に驚きました(^^;)

 

 

 

昨日は亡き姑の82回目の誕生日

 

 

そして今日は母の76回目の誕生日です。

 

 

 

私たちにしたら孫

 

 

母にしたら3人目の曾孫になります☆

 

 

 

疑った先にあったのは、神様からのOKサインでした(笑)

 

 

 

ちなみに、疑いを持つことの意味もようやくわかりました。

 

 

 

これほど素晴らしいものなのに、今までかつてない真理なのに

ちょっとした言葉で出会う方達に誤解を与えてしまっては申し訳ない

 

 

 

そのような事の無いようにせねば、という自分なりの思いがあったようです。

 

 

 

疑えば疑うほど

真理が浮き彫りになってしまうこの凄さ・・・

 

 

 

自分を信じすぎないようにしよう。

証明できないことはしない。

自分の手柄にしない。

佐藤康行

 

 

 

 

 


↓ランキングに参加しています!ポチッと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 家族ブログ やり直し家族へ
にほんブログ村 やり直し家族




にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村

肩すかし

いつもありがとうございます(*^_^*)

 

 

 

先日、ある方達とお話をしていて

「ただカウンセリングだけしてもらえればいいのです。」

 

 

「寄り添ってもらえることが一番の仕事です。」

 

 

 

え?それでいいの?

 

 

 

私がどこかでいまだにある思い込み

 

 

 

人間関係はバリバリが良い(笑)

 

 

 

そんなふうに本当に未だに思い込んでいたようです。

 

 

 

誤解を恐れて言えなかったことを

周囲が求め始めていることにある意味、

「時代は変わった・・・」と痛感させられた出来事でした。

 

 

肩すかし・・・とはこのことです(>_<)

 

 

 

言葉には気づきを与え、心にスイッチを入れる力があります。

心のスイッチが切り替わると、それまでとは違った人生を歩むことが出来るのです。

生命(いのち)の愛にあふれると、不安が愛に変わっていくのです。

心を救うことによって、残された生命(いのち)を、愛と感謝と喜びで肉体人生にピリオドを打つことに挑戦です。

佐藤康行

 


↓ランキングに参加しています!ポチッと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 家族ブログ やり直し家族へ
にほんブログ村 やり直し家族




にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村