多澤優のブログ
  • トップページ
  • 心に響いたメッセージ
  • Blog
  • イベント
  • イベント参加者の声
  • 書籍
  • 読者の声
  • プロフィール
  • リンク
  • 問い合わせ

修行中の身ですので

matome

 

 

誰ともぶつからない世界がある・・・・と言っておきながら

主人とぶつかっている多澤です(笑)

 

 

 

事の発端は,単純なことでした。

 

 

その日、ちょっとしたことで心がくた~っとなってしまった私。

 

 

そのくた~っとなって、頭がぼ~っとしている所に、

主人が帰ってくるやいなや、同じ現象を口にし出したのです。

 

 

 

え?まさに、同じ事が起きている(らしい)

 

 

ということで、くた~っとなる原因に対処するがごとく言ってしまった言葉が

主人の熱いハートに火をつけたみたいです。

 

 

 

〇〇って言っていいんじゃ無い?そこから〇〇してみたら?

 

 

私がある場面で思っていたことを伝えてみました。

 

 

すると、、、なんとっ!!

 

 

あー、そうだよ、おれが全部悪いってんだろ!

 

 

主人がかーっとなって激昂状態・・・

驚きました!

 

 

 

 

え?そんなこと一言も言ってないけど????

 

 

目がテン状態の私

 

 

誰かにそう言われたの?

え?なんで、物を投げるの?

へ?何がどうしたの?

 

 

 

数年前まではお馴染みの景色です。

 

 

最近なかったから、久しぶりの暴れる君

 

 

 

 

基本、仕事のことを家の中にどどーーーーっと持ち込むタイプなので

おそらく四六時中、気が休まらないのでしょう。

 

 

 

ものすごく良く通る声でどなり続けてました。

 

 

おれが言って欲しいのは、そんな答えじゃないんだよ!

 

それじゃ、根本解決にならないじゃないか!

 

 

 

 

 

家の中で暴れるのはやめてくれない?とは言えたものの、

心の中では、答えがあるんだったら私に聞くなよ、あほんだら!・・・とつぶやいてました(笑)

 

 

 

 

 

 

翌日、友の会が有り、友人たちに起きた出来事を聞いてもらうと

いつも母子で参加してくださるビックマザーが一言・・・

 

 

ご主人、頼りにしてるんだね!

 

 

 

はぁ~????

 

 

ふざけんじゃね!(主人ですよ)

 

 

 

と思いつつ、友の会の後にある発想が浮かんで嬉しくてしかたない私(笑)

 

 

 

主人のことも「ま、なんくるないさぁ♪」と後を引きずらなかったのですが

その上を行くような発言があり、さすがに距離を置いてます。

 

 

 

私に相談が出来なくなった主人

 

 

 

うつむいて、ため息ばかりついてます。

 

 

 

まだまだ私たち夫婦の修行の旅は続くのでしょう(笑)

 

 

 

 

 

 

真我は人間が「こうしたい、ああしたい。こうなったらいい」を

まさに超越した世界。

 

 

佐藤康行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


↓ランキングに参加しています!ポチッと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 家族ブログ やり直し家族へ
にほんブログ村 やり直し家族




にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村

誰ともぶつからない、本物の世界がある ~ インタビュー最終回 ~

matome

 

誰ともぶつからない、本物の世界がある

 
 
 
LINEで送る

——5回にわたるインタビューも、今回が最終回となります。

これまで私からの質問にわかりやすくお答えいただき、ありがとうございました。

周りにいてくれた方々からの愛を感じ、感謝の涙が溢れ出るなんて、
本当に素晴らしい体験ですね。さらに運が良くなっていくとは、まさに驚きです。

その後、多澤さんとお姑さんの関係に、どのような変化が訪れたのでしょうか?

また、最後にこのインタビューをご覧になっている皆さんへ、
メッセージをお願いします。

 

多澤:顔も見たくない、同じ空気も吸いたくないと思っていた姑の存在でしたが、
その日を境に姑は私にとって命以上に大切な人になりました。声を聞くだけで涙が流れ、
何かひとつでもお役にたてないかとそればかり思うようになりました。

 

ただただそばにいるだけで感謝に満たされ、これ以上の幸せは
世の中にないというほど大好きな存在になったのです。

嫁姑関係はこんなにも素晴らしくて、こんなにも深いご縁の元、つながりを
いただいていることなのだと、日に日に感謝の思いが深まりました。

 

姑との関係が改善されると同時に、不思議なことに両親との関係も、
主人や子供たちとの関係も一挙に良くなりました。

 

私はこれ以上の幸せを味わったことは未だかつてありません。
自分も喜び、周りも皆喜んでくれる、誰ともぶつからない世界を
生まれて初めて体験して本物だとわかりました。

 

人生には限りがあります。その限られた時間で本当の自分に目覚め、
自分がこの世の中に生まれてきた意味を知り、自分の役割を生きた時に
世の中の有り難さ、生かされていることの意味を知るのではないでしょうか。

一日でも早くみなさんも自分の人生を歩まれることを心より願っております。
ありがとうございました。

(了)

 

 

変わらないものから変わるものを見ると変わってくる。

あなたは足りないと言ってもらいたいのか。

自分の素晴らしさがわかり、相手の素晴らしさもわかる。

器を大きくする、言葉の力で大きくする。

「ありがとうございます」「おかげさまで」これが器になる。

 

佐藤康行


↓ランキングに参加しています!ポチッと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 家族ブログ やり直し家族へ
にほんブログ村 やり直し家族




にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村

真実の愛に目覚めると、人生が好転する ~ インタビュー4 ~

matome

 

特集

真実の愛に目覚めると、人生が好転する

LINEで送る

――まずはご自身が愛されていることに気づき、感謝の心で日々を生きることで、
鬼とまで思っていたお姑さんの顔が、仏へと変わっていったのですね。

真我に目覚めることによって、ご自身の心にも変化が起こり、
愛されていることに気づかれたのだと思います。

その真我に目覚めた瞬間のことを、詳しく教えていただけますか?

 

多澤:講座では自分の心をどんどん掘り下げることをしました。
私は精神世界の本も数百冊読んで「愛とはこうあるべき」と
自分でも気づかないうちに蓋をしていました。

 

でも真実の愛に目覚めた瞬間、天と地がひっくり返るような感動を
全身で体感したのです。それまでは誰も愛してくれない、自分はダメだ、
もっと素晴らしい人間にならなければいけないと自分を責め、
自分に冷たくする家族を憎んでいました。

真我に目覚めた瞬間、両親からの愛、主人や子ども達からの愛、
姑からの愛が体の中からどんどん溢れてきたのです。そして、それまでの
思い込みがはずれると同時に謝罪の涙と、感謝の涙が同時に流れ続けました。

 

自分の中に、こんなに人を愛せる心がある!憎む心しかないと思っていたのに
元々素晴らしい心があったんだ!これこそが真実だ!と驚愕しました。

 

たった二日で自分の中にある愛と喜びと感謝の心に出会えたことに
感動の涙が流れるばかりでした。この瞬間運命が必ず良くなると
はっきりとわかりました。

 

人生が好転しないはずがないとわかったのです。
そして、本当に人生がものの見事に好転していきました。

 

(インタビュー5最終へつづく)

 

 

本当にみんなに「ありがとう!」と言えるまでやる。

期待するより真実をやる。

相手のおかげだから、相手に対して恨みを持たない。

誤解を解くためにやっている。

本当の価値がわかっていなかった。

本当の価値がわかったら、誤解が解けたということ。

 

佐藤康行


↓ランキングに参加しています!ポチッと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 家族ブログ やり直し家族へ
にほんブログ村 やり直し家族




にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村