多澤優のブログ
  • トップページ
  • 心に響いたメッセージ
  • Blog
  • イベント
  • イベント参加者の声
  • 書籍
  • 読者の声
  • プロフィール
  • リンク
  • 問い合わせ

すでに美しいからスタート

いつもブログを読んでいただき本当にありがとうございます!

 

 

珍しく体の疲労がたまってしまい、

今朝はかなりきつい起床になりました。

 

 

 

夜中もあまり眠らなくても朝は順調な私なので

かなり珍しい感じです。

 

 

 

思いを巡らすと「あれかな?」と思い当たることがありました。

 

 

 

 

 

欠点探しをされると、昔から非常にダメージを受けてしまい

体調にすぐ現れてしまいます。

 

 

 

 

 

だるい・・・・

 

 

 

 

主人にもなんだか責めらることが多いし

 

 

 

 

 

 

そんなことをつらつら考えていて、

ふと思いついたことがありました。

 

 

 

考え方でここまでダメージを受けるということは、

その反対をやったらいいんじゃないの?

 

 

 

 

そしていつもの逃げるパターンにはまっていたことを発見!!

 

 

 

向かっていくこと

 

 

自分から

 

 

自分を無くすつもりで!

 

 

 

っていうか、真我開発講座を受けたとき

「自分は無い!」って体感したをこと思い出しました。

 

 

 

 

全てが愛!

 

 

 

そこで昨日一日の出来事を思い出してみました。

 

 

 

すると視点が全く変わり、

あの嫌な出来事は愛、あれもこれもそれもそれも愛!

 

 

 

体にしこりが出来たの!と相談に来てくれたAさん

 

 

それも愛!

 

 

そのことを思い出し「そこまでしないと人間は気づくくことが出来ない」

 

 

佐藤康行学長はおっしゃっていたなぁ

 

 

 

心の中で、一つ一つが変換されていく感覚がありました。

 

 

すると、なんとだる重かった体が

シュルシュルと首から背骨のあたりが痺れて

どんどん体が軽くなっっていくのが体感できました。

 

 

 

心って凄いです!

 

 

 

この心に影響を受ける人は無限にいるんだろうな♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

 

 

女性ですよね。

 

男性ですよね。

 

でも、まだわたし、裸見てないから証拠は見てないんです。

 

でも女性として、前提として扱う。

 

男性として、前提として扱う。

 

それは構わないんじゃないですか。

 

女性だから、男性だから。

 

そういう感じです。

 

そのように女性として素晴らしい女性として扱っていると、

段々きれいになってくる。

 

 

周りもさらにそのように扱っていったらさらにそうなる。

 

 

後からついてくる、その女性としての輝きが。

 

 

輝いているから褒めるんじゃないんです。

 

 

いいですか。

 

輝いているから褒めるんじゃないんです。

 

 

美しいから褒めるんじゃないんです。

 

 

美しいんです。

 

もうすでに本当の自分は。

 

 

という接し方をすると本当にそれに合ったように変化してくる。

 

 

 

佐藤康行

 

 

 

 

 

 

 


↓ランキングに参加しています!ポチッと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 家族ブログ やり直し家族へ
にほんブログ村 やり直し家族




にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村

YSメソッド研究会があります!

医療の研究会なのに、感動の涙をハンカチでぬぐう人が続出したという、YSメソッド研究会が3月24日(木)に開催されます!

今回も、あなたの魂に何かが起こる!

過去は自由に変えられるさんの写真
過去は自由に変えられるさんの写真
過去は自由に変えられるさんが写真2件を追加しました。

【胸が打ち震え、心に響く「精神医療」の研究会】


本書『過去は自由に変えられる』でも紹介している、驚異的な実績を誇る「心を再生する精神療法」が、YSメソッドです。

 
このYSメソッドを研究する会が、次回は3/24(水)18:00から、東京の八重洲にて開催されます!

  
この会はどなたでも参加でき、YSメソッドへの理解を深めることができます。YSメソッド開発者の佐藤康行も、この研究会に登場予定です!

前回、この研究会に参加された方々から、たくさんの声をいただいていますので、ここでそのごく一部をご紹介しますね。

 
————————————–
★素晴らしかったの一言でした!! 特に体験談を聞かせていただき、このように素晴らしい場と素晴らしい人々、命の躍動の場に来させていただけることに、また、皆様に感謝申し上げます。
(匿名希望様)

 
————————————–
★このような情報開示を無料で、しかも医療関係者から疾患の方にまでご提供されるのは、本当に自信があるからこそであると思いますし、世の中のうつを無くしたい!という心意気に感動しました。
(匿名希望様)

 
————————————–
★素晴らしい、の一言です。世の中のあらゆる問題を根本解決する可能性を秘めていると感じます。佐藤先生に初めてお目にかかれて、感動しました。
(HM様)
————————————–

あなたはこの奇跡のYSメソッドを、もっとお知りになりたくありませんか?

●お申込みはこちら! 第4回 YSメソッド研究会(無料)
https://www.mshonin.com/form/?id=494145283


↓ランキングに参加しています!ポチッと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 家族ブログ やり直し家族へ
にほんブログ村 やり直し家族




にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村

佐藤康行インタビュー

無題(1)

 

心の病について解説する佐藤氏(左)、竹本医師(右)。ビジネスフラッシュ(千葉テレビ)

ストレスチェックの施行から約3ヶ月が経過しました。企業はもとよりビジネスパーソンにも関心の広がりを見せています。

今回は、うつ病専門クリニック「YSこころのクリニック」、「心の学校・アイジーエー」の設立者である佐藤康行氏に、メンタルヘルス対策のポイントについて伺いました。

●心の病は説明が難しい

—ストレスチェックが高い関心を集めているようです。

佐藤康行(以下、佐藤) 心の病ほど判定が難しい疾患はありません。現在、精神疾患を患い病院に行くと、精神科、神経科、心療内科などの門を叩くことになります。ここでまず医師が最初にすることは問診です。

精神疾患の主な治療方法は、薬物療法と認知行動療法に代表される心理療法です。簡単に言うと、薬の服用、カウンセリングなどの心の回復プログラムで考え方を変えて行動を変えていくものですが、確立されたものとはいえません。精神疾患は心の病です。心の病という見えないものに対して、原因そのものに着目して手をつけることが大切です。

クリニック院長の竹本好成氏(医学博士、産業医)は「心の問題は現代医療のなかでも研究が遅れている分野です。ある種の病気の原因を脳内物質の変化で説明される方が多いですが、それが原因かは分かりません。脳科学は近年素晴らしく発達してきてるとはいえ、心の問題まで全てを説明できるかというと疑問に思います。」と述べています。まだ解明しなければいけないことが多い領域なのです。

—メンタルが疲れると行動が阻害されるのは何故でしょうか?

佐藤 うつ病の主な原因は人間関係です。いまここにストーブがあり火傷をしたとします。すると脳はストーブに近づくと危険と判断するようになります。それ以来、ストーブには注意するようになるはずです。うつ病の人にとってはストーブが人間関係だと思ってください。ストーブで火傷をするのは嫌だと思い人間関係から遠ざかるのです。

しかし職場にいれば人間関係から逃れることはできません。そして輪に入りにくくなることで、うつや引きこもりを発症させます。ところが、ストーブはいつも熱いとは限りません。正しく利用していれば火傷をすることはありませんが、脳は被害妄想的にとらえてしまいます。

自分が黄色いレンズのサングラスをしていたら全ての景色が黄色というフィルターを通して見ることになります。そして黄色のフィルターはこのままにしておいたらドンドン色が濃くなります。この黄色のフィルターは真っ直ぐからのズレであり自分で作り上げたバリアです。このバリアを外さなければ症状から開放されません。

精神疾患は「人の意識の構造」という観点からとらえていったときに適切な処方ができます。多くの人が‘心の問題’に関心を向けるようになれば働く環境はもっと改善していくはずです。

●人間関係に悩んでいる人は多い

—会社なかで人間関係にストレスを抱えている人は多いと思います。

佐藤 会社とはそもそも理不尽なものです。特に人間関係での衝突は難しく、禍根を残すことが少なくありません。そのうち、対応するのも面倒になってしまい相手と向き合うことを避けてしまいます。

このようなケースを考えてみてください。上司から注意されたとき、ほとんどの部下は「すみません」と謝罪をするはずです。すると上司は不愉快になりかねません。上司が注意している場合の多くは謝罪を求めているわけではないからです。

上司としては、注意をしていることの真実を部下が理解をして意見や改善策の話ができることを待っているのです。そのため上司の注意の真意をつかんで理解を伝えて、自分が学んだことを表明しなければいけません。

「部長はこのことが言いたかったのですね。有難うございます」
「勉強になりました。言っていただかなければ気がつきませんでした」

上司は、部下を責めるために仕事をしているわけではありません。無理難題であっても、そのベースには「仕事への熱い思い」があるのかも知れない。そこが共有できるなら衝突は避けられるはずです。

「同じ会社なのだからもっと良いサービスを多くの人に提供しよう」
「もっと業績を上げるように頑張ろう」

このように切り替えられるはずです。上司に限らず、コンフリクトや衝突の危機を感じたら、相手のベースとなっている思いに焦点を合わせることで気持ちが理解できるようになるものです。

—ありがとうございました。

この機会にご自身のメンタルに関心を向けては如何でしょうか。新しい気づきが発見できるかも知れません。

尾藤克之
コラムニスト

 

 


↓ランキングに参加しています!ポチッと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 家族ブログ やり直し家族へ
にほんブログ村 やり直し家族




にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村