多澤優のブログ
  • トップページ
  • 心に響いたメッセージ
  • Blog
  • イベント
  • イベント参加者の声
  • 書籍
  • 読者の声
  • プロフィール
  • リンク
  • 問い合わせ

父母、そして夫婦へ2

お読みいただきありがとうございますm(_ _)m

 

 

先程、ブログを書いていたら突然、ゴロゴロゴロ§§ピカ!§§ドーン!!

 

カミナリと大雨が!

 

 

 

父母、そして夫婦へ・・・なんでしょうね^^

 

 

 

 

講座、翌日母から電話がありました。

 

 

内心、クレームだろうなとは想像してました。

 

 

予想はピンポーン!

 

 

 

自宅に帰っていた母を待ち受けていたもの

 

 

うつと認知症とピック病(疑)と睡眠薬を定量の何倍も何倍も内服し、

挙句の果てに、お酒を飲み、車を運転してしまった父

 

 

 

家族が止めようとしても狂ったような状態になると

もはや殺人鬼のようになる父

 

 

 

そして、車を運転した父は、意識が朦朧とした状態で

ある方の門にそのまま激突しました。

 

 

 

 

 

普通だったらそこで即死なんです。

 

 

 

 

ところが、この父、強運の持ち主さん^^

 

 

 

 

 

 

門の塀も昔ながらの作りでびくともせず

日曜の夕方だったため、通行人もおらず不幸中の幸いでした。

 

 

 

 

 

もしそこに通行人がいたら・・・・家族一同青ざめました。

 

 

 

 

 

 

即死してもおかしくない事故なのに、

足を数針縫うだけで奇跡の生還

 

 

 

 

 

血だらけになって帰宅した父がしたこと

 

 

 

 

それは、「車を運転して、卓球をしに行くんだ!」でした。

 

 

 

 

 

服にはかなりの血がついていたのに

着替えることもせず向かった

 

 

 

 

その状況はもはや母の想像の範疇を遥かに超える状況でもありました。

 

 

 

 

そして、翌日のクレームにつながります。

 

 

 

 

 

 

あ~、そうだねよ~

 

ぶっとぶよね~

 

 

 

 

言葉もなく、立ち尽くすわたし

 

 

 

 

 

 

いつにも増して攻撃的にまくしたてる母

 

 

 

 

 

 

 

でも、ただただ黙ってその母の言葉を聞いてました。

 

 

 

 

 

 

そして、さらに翌日、またしても母から電話が!!

 

 

 

 

 

 

「また、クレームか・・・」そう思って話を聞いていたところ

まさかの言葉が母から出ました。

 

 

つづく


↓ランキングに参加しています!ポチッと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 家族ブログ やり直し家族へ
にほんブログ村 やり直し家族




にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村

父母、そして夫婦へ

テルテルくん母、あっこちゃんのブログを拝見していて

父の事を思い出しました。

 

 

3年ほど前、夫婦関係がよろしくない母といっしょに宇宙無限力体得コースを受講しました。

 

 

 

 

受講に行くと発表することが苦手なので「嫌だ!」と拒否をしていた母です。

 

 

 

ところが、講座が始まると講師の講話に反応し、

いの一番に挙手をし、発表しまくる母Σ(゚д゚;)

 

 

 

 

 

なにが驚いたかというと「主人(父)といっしょに講座を受講したいんです!!」と

はっきり伝えるその意欲(驚愕~)

 

 

 

 

 

 

あんなに毎日、血を流すほどの争いをしているのに

その壮絶な愛の言葉に真実の愛を見せ付けられる娘(多澤^^)

(父と母の争いは、時に口喧嘩、その一線を超えると刃物が出ます。で、頭をナタで割られ、10針以上縫うという怪我もしたりします)

 

 

 

 

 

本当に驚きの連続講座になりました。

 

 

 

 

 

 

 

ところが、帰りの新幹線の中で姉からメールが届いたのです。

 

 

 

 

 

 

父が事故を起こして、救急車で運ばれて病院に居ること

 

自分で事故を起こしたので、その後警察に行かなければいけないこと

 

 

 

 

 

血の気が引けました。

 

 

 

 

 

 

隣の座席ではニコニコと「あー、父さんに会ったらなんて声を掛けよう!いや~ん、嬉しい(ღˇᴗˇ)。o♡」と何も知らない母は大興奮しています。

 

 

 

 

 

「ごめん、何があったかは今は言えないから、姉ちゃんから直接言ってくれる?この状況では言えない・・・」

 

そうメールをすると姉も修羅場をくぐって来ている宝の山があるので

いとも簡単に「OK^^」のメール(ホッ!)

 

 

 

 

 

ところが、帰ってからが壮絶だったのです。

 

 

 

(つづく)

 

 

 

 

 


↓ランキングに参加しています!ポチッと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 家族ブログ やり直し家族へ
にほんブログ村 やり直し家族




にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村

自覚

 

昨日はテルテル坊主くんが、フェイスブックで「大好きなあなたへ」の記事をシェアくださったおかげで

かつてないほどの「いいね」をいただきました。

 

 

テルテルくん、そして「いいね」をしてくださった皆様、

ありがとうございます。

 

 

ありがとう・・・ございます・・・・

 

 

なんだか、この言葉を書いているだけでぐっと込み上げてくるものがあります。

 

 

 

このブログは以前は「毎朝9時にアップします」と宣言を書かせていただいてました。

 

 

 

ところが、どんどん自分の中がぶれて行く感覚がひたひたと静かにやってきて、

うそをついている感覚がどうしても拭えなくなりました。

 

 

9時にアップするために予約をしてしまったり、

フレッシュな感覚がどんどんなくなるのを感じていました。

 

 

本当に申し訳ありませんでした。

 

 

この謝罪は世の中へ、そして内なる神への謝罪として受け止めています。

 

 

 

ひとことで言えば、「自覚」が足りなかったとも思います。

 

 

 

そして、今から、自覚している自分、まだ見ぬ素晴らしい皆様

そして自分を発見し続ける人生を歩もうと決意をしました。

 

 

そんな昨日、長男から連絡が入りました。

 

 

 

佐藤先生の生まれ故郷、北海道美唄で働いている息子。

 

 

 

そんな彼は大学時代、奨学金を満額借りていたことと、

返済を延ばし延ばしにしていたことから

最近、以前の倍の金額を払うことになったのだそうです。

 

 

 

で、今、使用している車を手放したい、と連絡がきました。

 

 

 

北海道や東北では車がなければ生活が困難になるのは目に見えてます。

 

 

 

 

ここで母の心配はムクムクと湧き上がります(笑)

 

 

 

いろんな選択肢が思い浮かびました。

 

 

金銭的援助(いや~、次男の結婚や娘の大学進学を考えたら無謀でしょ)

 

 

地元に引き戻す(いや~、彼の人生だからそれは出来ないでしょ)

 

 

主人には言わない(だって、言ったら、金銭的援助をしろって言われるもん)

 

 

責める(だから、あの時満額借りていいのか?って確認をあれほどしたじゃん)

 

 

責める2(母として育て方が悪かった・・・ああ、無情)

 

 

この息子は、不登校、昼夜逆転、いじめ、恐喝、警察のお世話(ちょっとだけ)、海外留学、学校からの見放され、家庭内暴力などなどあらゆる経験をしてきました。

 

 

なので、何かあるたびに過去の記憶が一瞬で蘇るのです。

 

 

総括すると、心配になります。

 

 

怖くて震えます。

 

 

でもそこはぐっと我慢(し続けてきました)

 

 

 

しかし!意味のないことは起きない。

起きるはずがない

 

 

完璧ポスト

 

満月なのだ!

 

 

今こそ、実践

 

 

そんなことを考えていたら、はたと気づいてしまいました。

 

 

自分の人生の借金を引き伸ばしにすると

それがのちのち必ず自分に帰ってくること

 

 

 

「あーーーーーーー!!!!!!!」っと一瞬で「そうだったのか」と実感した衝撃が走りました。

 

 

 

 

自分ごととして捉えた時に、見えてくる世界

 

 

 

ダイヤモンドはさらに磨いて輝かせることが出来る

 

 

負債と思っていることは、自分の代でダイヤモンドに変える!!

 

 

 

 

そうだ、「過去は自由に変えられる」

 

 

 

 

自覚を持った先に見えてくる世界がある!

 

 

 

これは妄想なのか、なんなのか

 

 

いや、妄想でもなんでもこのさい、いいわ

 

 

 

このように受け止める自分を発見出来たのですから!

 

 

 

こんなことが日々続いています。

 

 

 

ここでひとつクリアしなければならない事

 

 

主人にことの次第を伝えること

 

 

自分にとってもこれは結構ハードルが高くてなにが起きるかドキドキします。

 

 

 

でも、まずは息子に「お父さんとも相談してほしいこと」を言えました。

 

 

 

主人が仕事から戻ってから聞いてみると、

息子からちゃんと連絡が入ったとのこと

 

 

 

たったこれだけのことなのですが、

いろいろあった我が家ではとてもとても大きなことなんです。

 

 

 

主人と息子、子供たちにあった壁を作っていたのは実は

私自身でした。

 

 

 

あ、書いていて思い出したことがあります。

 

 

 

 

息子さんを自殺に追いやったお父さんのニュース

 

そのお父さんがしたためた手紙に「本当に悪いのは自分だけなのか?他にも犯人がいるのではないか?」というような内容の手紙

 

 

このニュースを聞いたとき「はっ!」としました。

 

 

 

物事の判断能力が変わると、未来が変わる

 

 

もし今回のことを主人や息子を疑い、隠してしまっていたら

またしても負債を増やすところだったようにさえ思います。

 

 

そして今、自分が出来ることは

主人の素晴らしさを子供たちに伝えること

 

 

それがもしかしたら負債をダイヤモンドに変えていることなのかもしれません。

 

 

 

主人も内心とても不安だった様子で

数分やりとりをしていたら

「いやー、話しているだけで、とっても気持ちが楽になるのを感じた^^ありがとう」

そんな言葉を言ってもらえました。

 

 

 

相手から出る言葉も自分

 

そんなことを感じた一日でした。

 

 

読んでいただき、ありがとうございますm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


↓ランキングに参加しています!ポチッと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 家族ブログ やり直し家族へ
にほんブログ村 やり直し家族




にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村