多澤優のブログ
  • トップページ
  • 心に響いたメッセージ
  • Blog
  • イベント
  • イベント参加者の声
  • 書籍
  • 読者の声
  • プロフィール
  • リンク
  • 問い合わせ

すでに

色んな思いが湧く

 

認められたい

 

愛されたい

 

わかってほしい

 

 

 

でも、すでに

 

認められている

 

愛されている

 

わかってもらっている

 

 

わからなかったのは自分

 

 

すでに身に余るほど

 

たくさんのこと

 

完全なものをいただいている

 

 

そこをどこまで発見するのか・・・

 

 

そうしたら

 

与えていただいているもの

 

自分の力では何一つ動いてないものは

 

ひとつもないとわかる

 

 

私は我が強く常に求める気持ちが大きく

 

本当に苦しんだ

 

 

だからすでに全てある、と原点にもどるだけで

 

本当にありがたいと思える

 

 

すでに

 

すでに

 

すでに

 

 

そうしたらなんだか「ごめんね」という

 

言葉がぽんと出てくる

 

 

日常の中ですでに

 

もともと与えられているということ

 

 

すでに

 

すでに

 

生まれた時は無条件だったんだよね。

 

それを実感するまで

 

本当に長い長い時間がかかったけど

 

一番身近な人が

 

すべてを教えてくれている。

 

 

いくら立派なことを言っても

 

足元がかわっていなければ

 

それはどこまで行っても偽物

 

 

すでに

 

すでに

 

すべてを与えられている・・・・

 

 

生かされているんだな~

 

 


↓ランキングに参加しています!ポチッと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 家族ブログ やり直し家族へ
にほんブログ村 やり直し家族




にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村

へば、まんつぅ~

我が家で家族全員大好きな、尊敬するアーティストがいます。

 

私に名前がとっても良く似ています、へへへ

 

その方は 高橋 優 さん

 

私は 多澤 優

 

時々 高橋 乳 さんにもなる

 

牛乳の歌やサンドイッチという歌も歌っちゃう

 

でもって、サンドイッチの歌でポロポロと泣いてしまう多澤優

 

しかも出身が同じ秋田なんだ

 

しかも長男にちょっぴり似ていたりする

 

 

どういうわけか我が家のパソコンが突然発動して高橋優の「キャンディ」という

 

曲が流れたときは本当に驚いた・・・

 

歌詞とメロディがある思い出を思い出させてくれた

 

 

それは長男への自分の思い

 

 

どうしても、何をしても心から離れなかったこと

 

 

きっとこの世を去るまでそのことを持っていくのだと思っていたこと

 

 

でも、その日、色んなことが重なり合い

 

ようやく自分の重い重い楔に似た思いが溶けた・・・

 

 

その喜びは表現しようがなかった

 

 

ただただ感謝しかなかった

 

 

本当に人生は不思議

 

 

高橋優の曲を聴いていると

 

気持ちが、思いがアウトプットされるのぉ

 

 

ありがたい

 

 

彼のブログの最後に残される言葉

 

 

「へば、まんつ」

 

 

和訳すると「じゃあ、(*^-^*)ノ~~マタネー」だ

 

 

秋田弁、いい!!

 

 

へば、まんつぅ~♡

 

 

本当にありがとう

 

 

へば、まんつぅ~♡

 

 

 

 

 


↓ランキングに参加しています!ポチッと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 家族ブログ やり直し家族へ
にほんブログ村 やり直し家族




にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村

記憶喪失が回復

今朝、自分の頬にクリームを塗っているとき

 

ふいに思い出したことがありました。

 

 

「めんこいなぁ~、ブッチュッ!!」

 

かわいいな~と言って小さい頃、

大人たちから毎日、毎日、

何度も何度もほっぺたにチューをされていたことを

ふいに思い出したのです。

 

 

家族のみならず、それはお客様からもされ続けたことでした。

 

 

なぜかいつも大人にとっ捕まってしまい、

はがいじめにされて、

大人の口が近づいてくるのでした。

 

 

それを、ずっと私はもの凄く嫌で、嫌でたまらなくなり

 

お客様が来ると逃げるようになってました。

 

 

知らない人に身体を捕まれて

知らない人にチューされる恐怖(笑)

 

 

でも、今朝、思い出したんです!

 

亡くなった祖母の優しい眼差し

 

亡くなった祖父の優しい声

 

ずっと、ずっと忘れていたこと

 

 

それは我が家の猫ちゃんがもたらしてくれたことでした。

 

猫ちゃんの名前は「ココア」

 

 

夏はホットココアになり

 

冬にはコールドココアになります(笑)

 

 

ココアのことを「こーすけ♡」や「こっこちゃん♡」と呼んでは

抱きかかえてほっぺにチューをしてしまうのです。

 

 

そして、ハッとしました!!!

 

私も幼い頃、「こっこ」と呼ばれてたんです!

 

 

小さい子どもだから「こっこ」

 

動物の子どものことも「こっこ」と呼びました。

 

「こっこ、めんこいなぁ~、

 

どれどれ、ブッチュしてけるがらな」

 

 

そうやって自分は沢山の人から愛され、育てられていたことを

 

ようやく、思い出しました。

 

 

じっちゃん、ばっちゃん・・・・

 

 

ありがとう・・・・

 

生きているうちに気づけず

 

ごめんなさい

 

 

ありがとう

 

 

 


↓ランキングに参加しています!ポチッと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 家族ブログ やり直し家族へ
にほんブログ村 やり直し家族




にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村