多澤優のブログ
  • トップページ
  • 心に響いたメッセージ
  • Blog
  • イベント
  • イベント参加者の声
  • 書籍
  • 読者の声
  • プロフィール
  • リンク
  • 問い合わせ

世代を超えて思考が現実化する

昨年の12月に地域の「認知症カフェ」で講話をさせていただきました。

 

 

当日の朝は、突然の大雪であっという間に車も家も雪で覆われてしまいました。

 

 

 

悪天候のため、参加のキャンセルも相次ぎましたが、

人数は全く気になりません。

 

 

参加された方の中には、十年ぶりに再会した方などがいたり、

またリピーターさんで何度も足を運んでくださる方もいらっしゃいました。

 

 

場所は子どもたちが通園した保育園の隣にある、かなり古い公民館の大広間でした。

 

 

 

約15年ぶりにその公民館に入り、懐かしさを感じながらの講話です。

 

 

 

畳の間に用意された会議用テーブルには、おしゃれな観葉植物や手作りのおいしい漬物、ゴーゴーカフェと書かれた飾りがあり、一角にはコーヒーコーナーがあり、どこかのカフェの雰囲気までありました。

 

 

 

「食べがら、飲みながら、どうぞ~(*^_^*)」という紹介で講話がスタートしました。

 

 

 

和やかな雰囲気で、参加された方々が耳を傾けてくれました。

 

 

そして、お話を進めていくうちに、どんどん場の空気が深い感覚になり、感動と感謝の声が上がり始めました。

 

 

 

 

 

皆さんの喜ばれているお姿を拝見していて、「やっぱり、凄い!やっぱり、凄い!」と何度も感動をいただきました。

 

 

 

そして、終わってから、介護施設のケアマさんをされてた方が声をかけてくださいました。

 

 

 

「実は、うちの娘も不登校だったんです。今では、結婚して、近くに住んで、孫まで生まれているんですが、当時は家から出れなくなったんですよね。当時は理由を聞いても、そのわけを話してくれなくて本当に悩みました。でも、大人になってから教えてくれたんです。」

 

 

 

介護施設で今も臨時職員として働くその方は、とてもニコニコとしていてほがらかで一瞬で大好きになりました!

 

 

 

「実は、私が働きに出ると、お姑さんが私が出かけたの見計らって、毎日毎日、私の悪口を朝から晩まで娘に言い続けていたらしいのです。それで、心が暗くなって、学校に行くことが出来なくなったって教えてくれました。ええ、本当に驚きました!」

 

 

 

まるでお姑さんの思考が、世代を超えて現実化しているかのような話だなと感じました。

 

 

もしこれが、悪口では無く、感謝の言葉だったら・・・。

そんなことを思った一日でした。

 

 

この出来事のひとつひとつが私へのメッセージと感じます。

 

 

ありがとうございますm(_ _)m

 

 

褒め上手の基本は、相手を好意的な目で見ること。

「人を好き」でいることが、何よりも大切です。

本心からの褒め言葉は、相手のココロに必ず届きます。

佐藤康行

 

 

 

 

 

 

 

 


↓ランキングに参加しています!ポチッと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 家族ブログ やり直し家族へ
にほんブログ村 やり直し家族




にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村

デベロッパー

ある時、頭の中で音(声?)がしました。

 

 

デベロッパー・・・・デベロッパー・・・・・・デベロッパー・・・・・

 

 

 

英語が超苦手な私は、何なのかさっぱり分からず聞いたこともないものでした。

 

 

 

その意味をすぐ調べてみると、なんとちゃんとした英語だったことに驚きました。

 

 

 

 

その意味は、

 

開発者。転じて、都市再開発や流通、運輸など都市機能に必要な施設の整備、拡充までを手がける都市開発業者、宅地造成業者」

 

「大規模な土地開発業者」

 

 

 

私はすぐ佐藤康行学長の事だと思いました。

 

 

 

佐藤学長とは出会ってから、かれこれ10年が経ちますが、

その出会いは衝撃的でした。

 

 

 

見た感じから、雰囲気から、何から何まで、今までかつて一度たりとも出会ったことの無い存在だとすぐわかりました!

 

 

 

地球上の人間では無いということもすぐわかりました。

 

 

 

 

 

もちろん人間なのですが人間を超越している、人類至上最高の存在だとわかりました!

 

 

 

 

ただ、私はかなり疑り深い性格で、ちょっとで違和感があったり、嘘をつかれると気持ちが悪くなり、近寄って行けなくなるため、本物かどうかを見極める嗅覚が発動することがあります。(普段の生活ではありません)

 

 

 

こと、心のことになると何でも言える世界で、様々スピリチュアル畑を渡り歩いて嫌気がさしていましたのでそれはもう嗅覚が発達しすぎて、鼻が痛くなるほどでした(笑)

 

 

 

私が注意しているのはただ一点

 

 

 

「本物かどうか」だけです。

 

 

 

 

その本物の基準になるのは、

 

 

「時間がかからないこと」

 

そして

 

「足元が素晴らしく良くなること」

 

 

 

この2点でした。

 

 

 

スピリチュアルなことを学んでいても、やはり学びの延長ですので、とにかく時間がかかるのです。

 

 

時間がかかった上に、足元(自分の心、そして家族、友人など)が変化しないばかりか、どんどん関係性が悪くなるだけでした。

 

 

これは「やってることがおかしいな」と自分の体験でいやというほど味わいました。

 

 

 

とにかく自分の身をもって本物であることを証明してみたい

 

 

あくなき探究心がふつふつと湧き上がるのです。

 

 

湧き上がるのですから、これは、止めようがありません(笑)

 

 

 

 

 

 

かつそこに、最近加わったのが「再現性があるかどうか」ということでした。

 

 

 

 

答えはすぐに出ました!

 

 

 

私が求めて止まなかったもの、

苦しんできた心、家族という人間関係の絡んだ糸を解く方法

 

 

デベロッパーに出会うために生まれてきたのです。

 

 

自分自身がその中で生命力が出てきて、生きてくれば、それが成功なのである。間違っていないことがこの自分自身の身体の中にあるのである。

 

 

佐藤康行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


↓ランキングに参加しています!ポチッと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 家族ブログ やり直し家族へ
にほんブログ村 やり直し家族




にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村

お試し生活

日々、様々な思いが自分の中から浮上して

心がギスギス

 

体もギスギス

 

 

親子関係、夫婦関係の縦と横の十字架の中心で愛を叫んでいます(笑)

 

 

 

最近、話題になっているVDや教育界での話題など

すべてが我が家で起きてきたこととドンピシャで

そのたびに過去の記憶が、ざざーっと蘇ります。

 

 

 

時代に先駆けて、色んなことを体験させていただいたのかもしれません。

 

 

先日、息子夫婦が遊びに来た時に学校教育の話になりました。

 

息子の恩師である厳しかった先生が、すっかり優しくなり変わったという話題になりました。

 

 

「昔は何をしても許される時代だったけど、今だったら即ニュースだよね」

などと息子と話していると、主人が一言

 

 

「俺たちだって、苦しかったんだよ」

 

 

 

同じ教職についていた主人の一言でした。

 

 

 

家の中でも力いっぱい子供たちを威圧してき主人の言葉に次男が一言

 

 

「何、加害者が被害者になってんだよ!」

 

 

そして、主人に向かって愛の制裁・・・くすぐりっこを始めました(笑)

 

 

 

事あるごとに過去の記憶が嫌というほど湧きあがり、

それに対する解決策も真我でしか解決できないのだと思わされる毎日です。

 

 

毎日がお試し満載生活です♡

 

 

 

 

 

元の元から話すと、例えば世の中は戦争の歴史だったわけ。

日本だって日清戦争、日露戦争、もっと前は国内で国盗り戦争をやっていたわけ。

殺し合いをやってたわけ。例えば、それを男がやったとします。

女性の心の中まで覗いたら、あまり変わらなかったりする。

そういう部分でのDNA、そういうものを背負っている。

それがDVになったりする可能性がある

佐藤康行

 

 

 

 


↓ランキングに参加しています!ポチッと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 家族ブログ やり直し家族へ
にほんブログ村 やり直し家族




にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村